【お部屋の紹介】ASSY

“自分の空間を編集していくための道具箱” として、空間づくりに必要なアイテムを揃える「toolbox」監修のモデルルーム「ASSY」。ひとつひとつ想いを込めてセレクトされた空間は見応え十分。ベースは整っています、あとはあなたのセンスを光らせるだけ! ここで、住まいを楽しみましょう。

住戸内を見ていきましょう、お邪魔します!

左・玄関扉を開けると、モルタル仕上げの土間がお出迎え。左右にはラワン合板という木材で造られた可動式の棚が。とっても細い部分ですが、玄関との段差の框(かまち)という部分にはナラの無垢材が使われています。/右・玄関扉はアイアン塗装が施され、ラワン無垢材の壁とも絶妙なバランス。

 

玄関左手にある ふたつの個室へ

05

まずは約3.8帖の洋室A。床材には通気性のよいサイザル麻のカーペットが敷かれています。北向きの出窓の先に見えるのは・・・?

 

左・共用庭の菜園スペースとドッグラン! “この間植えたプチトマトは大きくなったかな?” なんて窓から眺めるのが日課となりそうですね。/右・左手の壁はモルタル塗装されており、空間をラフな印象に仕上げてくれています。コンパクトな収納付きで、中にはアイアンのハンガーパイプと枕棚が備わっていますよ。

07

洋室Bは約4帖半。掃き出し窓は洋室Aと同じく北向きですが、洋室Bにはバルコニーが付いています。


左・サイズはこぢんまりとしていますが、緑を望めて気持ちよいです。敷地内に向いているので、気兼ねなく窓を開けて過ごすことができそう。/右・洋室Aより広いですが、収納は同じサイズで床材や壁も同じ仕上げ。

廊下へ行って・・・

左・個室と同じく、サイザル麻のカーペットが敷かれた廊下。左手にウォークインクローゼット(WIC)と収納、右手にトイレとLDKへの入り口が並んでいます。/右・WICの中は2箇所に枕棚とハンガーパイプが設置されています。個室に収まりきらなかったお洋服や趣味のグッズなどをたっぷりしまえる広さです。

左・WICの隣の収納は、生活備品や掃除道具などをしまうのによさそうです。中の棚板は可動式のため、アイテムに合わせて高さ調整できるのが◎/右・床材にコルクタイルが貼られたトイレ。シンプルながら上部にスチールラック、カウンターには木目が素敵なラーチベニヤと、細部まで抜け目ないです♡

約14.8帖のLDKへ

11

LDKへ一歩足を踏み入れると、まず目に飛び込みのはクラフトキッチン! 前面とサイドに木の温かみを感じるラワン合板が使われ、天板とシンクはステンレス仕上げ。コンロの奥の壁は一部ガリバリウム銅板という素材なので、マグネットを使えて機能的なんです。

12

キッチンだけで約3.6帖あり、背面にはカウンターも。棚受けの金物やお玉掛けのハンガーバーなど、細かな部分からセンスのよさが滲み出ていて、これはオシャレ家電を揃えたくなっちゃいそう。

13

キッチンの調理スペースから、リビングダイニング(LD)と洋室Cを見てみました。実は木製のカーテンレールにもひと工夫あり。写真にあるように本を置いたり、グリーンをぶら下げてみたりと、ディスプレイを楽しむことができるんです!

14

LDは約11.2帖で、壁に天然ニレの木材が貼られてアクセントになっています。板の幅がリズミカルでどこか懐かしい雰囲気。

15

LDKと洋室Cの間にある引き戸を開け放つと、20帖超えの広さになります。フローリングには無垢のオーク材を採用し、幅違いのものをランダムに貼っているので空間全体の表情が豊か。キッチン前、モルタル塗装された壁との相性も◎

バルコニーへ

バルコニーは洋室Cの前まで伸びているので、ご家族分のお洗濯物をしっかり干せるでしょう。真ん中のくり抜かれた部分から先へ行くと・・・?

17
専用庭が広がっています! 1階住戸の特典とも言える、お庭の広さは約17㎡。左右には隣住戸のお庭がありフェンスのみで仕切られているため、気になる方は目隠しの植栽などを置くといいかもしれません。

18
さて室内へ戻って、LDKの全景がこちら。そのままお隣の洋室Cを見てみましょう。

19
洋室Cは約5.6帖。個室の中では一番広いので主寝室にするのもよいですが、こちらはリビングスペースとして拡張するか、ご家族共有の空間とする方が合いそうです。

 


左・キッチンのあたりまで見えるので、ご家族とのコミュニケーションも取りやすいでしょう。そしてデスクも備わっているので、お仕事スペースとしても活躍してくれそうですね。/右・奥の引き戸をずらせば収納がチラリと見え、デスクを隠すことも。もちろん3枚引き戸を閉めれば、個室としても十分役目を果たしてくれます。

21
引き戸を閉めた状態のLDKを見るとこんな感じ。真っ白な壁に木製の引き戸が目を楽しませてくれます。丸い引き手も素敵なので、ぜひ近くで見てみてくださいね。最後はキッチン横の扉から水まわりへ。

 

リノベーションレジデンス「LANDLIFE 調布国領」は、全戸セミオーダー型で住まいをカスタマイズすることができるマンション。内装を5つのデザインから選ぶことができ、そのひとつが今回ご紹介した「toolbox」監修の「ASSY」。こちらはモデルルームなので、さらにカスタマイズする場合には別途費用がかかってしまいまが、個人的にはむしろ “ぜひともこのまま住みたい!” という気持ちが強かったです(笑)

収納内のハンガーパイプやスイッチパネル、有孔ボードやラックの使い方などなど “神は細部に宿る” ということを実感するセレクトが散りばめられ、どこを見ても胸が高鳴りました。先ほど “このまま住みたい” と書きましたが、この空間って “編集していく余白が残されているところ” も魅力なんです。玄関や洗面室の有孔ボードが分かりやすいのですが、フックなどを買い足せば置きたいものに応じてカスタマイズ可能です。見せる収納ってこうやって楽しめるんだなあ、と感じました。お客さまがいらしたときにも自然と会話が生まれそうですし、ついついお気に入りのアイテムをたくさん飾りたくなりそうですね。

取材を終えても、自分だったらどんなものを置こうか考えてワクワクする気持ちは冷めやらぬでした・・・! ぜひこのワクワクを皆さまにも味わっていただきたいので、現地にお越しくださいね。

■販売価格 4,580万円
■広さ   69.28㎡
■間取り  3LDK
毎週末オープンルーム開催中です!

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中